2005年11月03日

ビーチでまったり

今日は朝ご飯の後、ヨガパビリオンのデッキチェアでお昼寝です。
あきちゃんはベビーシャークを追いかけてスノーケリングへ。

cocoa068.jpg

子ザメです

私たちの滞在中のゲストは、欧米人・韓国人・日本人が各1/3ずつくらいでした。ほとんどがカップルで、親子連れも2組いました。みんな思い思いにダイビングしたり、スノーケリングしたり、ビーチで焼いていたりしていましたが、アジア系のゲストはカヌーやスノーケリングをしている人が多く、欧米系のゲストは直射日光の下で、皮膚を真っ赤にしながらのんびり焼いている人が多かったです。ダイビングは、毎日6、7人が参加していました。

デッキで寝ては海に入り、小魚たちと泳いだり、貝殻を拾ったりしていました。デッキでごろごろしていると、スタッフのShaheel(シャヒール)さんがお水を持ってきてくれました。彼はモルディブ人で、砂洲から見える隣の島から毎朝出勤して、夕方帰っていくそうです。奥さんと子供がそちらの島で生活しているということでした。

ここに毎日くるの?と聞かれて、明日にはもう帰るから明日はこれないと伝えると、じゃあぜひまた来てね!といわれました。ヨガを日本でしているという話をしたら、驚いていました。ヨガパビリオンはレッスンのない時間ならいつでも勝手に使っていいそうです。

しばらくするとあきちゃんが戻ってきて、「子マンタ見た!見た!」と大騒ぎ。マンタは5月から10月しか見れない、と昨日Albertoさんに言われたのですが、あきちゃんは水中でやけに砂が上がっているところがあって、よーく見てみてたら砂をかぶった直径60cmくらいのエイの子供を
発見したそうです。子エイはしばらくすると沖に向かって去っていったそうですが、彼の撮った水中写真にばっちり写っていました。

cocoa069.jpg

子エイ発見直後
posted by michelle at 10:30| Comment(3) | TrackBack(0) | Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ、白いエイには感動ものでした。
マンタが時期的に見られないと聞いてションボリしていたら、エイが真近で見られたので鳥肌たちました。
なんか、妙に砂ぼこりたっているところがあるなあ、、と思ってよく見たらエイが一生懸命砂で体を隠そうとしていたんです。
ぎりぎりまで近付いて5分くらい観察して水中写真撮りまくり!
その後、スーッと沖へ去っていく姿が神秘的でした。
Posted by あきひこ at 2005年11月09日 19:44
僕が見たのは「マダラトビエイ」みたい。
それが白い砂をかぶっていて「白いエイ」になってた。それが何か神秘的に見えてきれいだったなあ。
Posted by あきひこ at 2005年11月18日 02:38
追加
Posted by あきひこ at 2005年11月18日 03:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。